カウンターの向こうの8月6日 広島 バー スワロウテイル「語り部の会」の4000日

著者 :
  • 光文社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334979393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トミエさんは自分の営むバーで、被爆者の話を直接に聞くことを、毎月6日に地道に続けてきた。その10年余りの記録。ああ、まだ聞き取られていないことがたくさんあるのだと、聞き取られなければ「なかったこと」になったかもしれない体験や思いがいくつもあるのだと、改めて知る。
    カバーの袖で、著者のトミエさんは私の10コ下か~と思って読んでいた。本の最後の最後で、出版直前に亡くなられたことを知る。母方の祖母は爆心地近くで被爆した。トミエさんは被爆3世。

    ▼…ばあちゃんがいなければ、おかんも生まれてこない。僕もこの世に生を受けていなかった。
     爆心地の近くにいて被爆しても、その後も生きている人は、なんらかの偶然が重なり、奇跡的に生きてくることができた。被爆3世といわれる僕たちも、そういったら"奇跡の子"だ。(p.4)

    (9/21了)

全1件中 1 - 1件を表示

カウンターの向こうの8月6日 広島 バー スワロウテイル「語り部の会」の4000日のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする