決算書はここだけ読もう〈2020年版〉

著者 :
  • 弘文堂
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335450617

作品紹介・あらすじ

図解で読み取り、イメージで決算書を理解する。待望の2020年版刊行!

トヨタ、大塚家具、スルガ銀行・・・気になるあの会社の決算書がわかる、読める、役に立つ。
わかりやすいだけでなく「ビジネスに使える」「投資に役立つ」と高い評価を得ている定番書籍、待望の新年度版。財務三表の本当に必要な項目、その読み方、考え方を徹底的にやさしく、見開き1項目(全69項目)で簡潔に解説。
話題企業12社の決算書分析や問題集も掲載。知識の定着が図れます。自習教材にも最適。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 儲かっている企業と儲かっていない企業の違いが2つの企業の比較からよくわかった。自分は金額にばかりに注目する癖があるので、もっと効率性にも目をむけるようにしていきたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

公認会計士。大学在学中に公認会計士二次試験合格。外資系大手会計事務所に入所し、会計監査4年、経営・ITコンサルタント6年(取締役)。IT系サービス会社に経理部長として転籍し、東証上場の陣頭指揮を執る。株式公開後、新規事業企画推進本部長(取締役)としてインターネット事業、IT教育事業を推進。その後「公認会計士による公認会計士の転職紹介」をはじめ、経理職の転職紹介・派遣・教育を柱とする事業会社を設立。15年経営し、事業譲渡。中小企業大学校講師、大学非常勤講師、商工会議所相談員、学校法人理事、社団法人監事なども歴任。(2019年7月現在)

「2019年 『決算書はここだけ読もう〈2020年版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢島雅己の作品

ツイートする