〈つながる/つながらない〉の社会学-個人化する時代のコミュニティのかたち

制作 : 長田 攻一  田所 承己 
  • 弘文堂
4.00
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335551635

作品紹介・あらすじ

"つながる"と"つながらない"のはざまで揺れる若者たち。facebookやLINE、twitterなど、誰かとつながるためのツールがさまざまに用意されている現代、我々は強迫的に誰かと"つながる"ことを求め、その一方で"つながり"が遮断された無縁社会を生きている。コミュニティカフェやオンラインコミュニティ、生活協同組合といった事例を研究対象に、変容する"つながり"の意味と形を捉える一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  図書館より

     はじめに視座として近代化や選択縁、一次的関係など社会学的な〈つながり〉を理解するための理論が簡単にまとめられ、
    そこから様々なテーマをもとにつながりに対する各人の評論が載せられているという構成です。

     取り上げられているテーマも多種多様、SNSの話や初音ミクなどによるネット上でのつながりや、若者の友人関係
    コミュニティカフェから生協といった組織の話に科学の言説とそれに対する人々の反応を取り上げたりなどなど。

     コミュニティやネットのつながりなどについて調べたい人は読んでみて損はない内容だったと思います。

  • ◆1/28オンライン企画「わたしの“モヤモヤ”大解剖―わがまま論・つながり論を切り口に―」で紹介されています。
    https://www.youtube.com/watch?v=GTaAW7pHRII
    本の詳細
    https://www.koubundou.co.jp/book/b166126.html

  • 人々の「つながり」について、社会学から論じた本

    各論寄りなので、細かい領域について調査したいなら向いている本だね。
    ただ、強い論調は見られない。

    ・ネット社会のコミュニケーション考察
    ・コミュニティカフェ
    ・ボランティア
    ・社会との関係性

    といったあたりか。

  • Internet
    社会

  • 数本の論文からなる論集。現代の日本のつながりの状態を概観するのによい。それぞれの筆者のスタンスは異なるが、現状を読み解き、未来を考える上で、ヒントが隠れているような気がする。興味のないトピックの章も飛ばすことなく読んでみるといいかもしれない。

  • つながる/つながらないの判断が個人に任されている現代コミュニティを読み解く本。
    特に実社会においては、インターネットやコミュニティカフェ、ボランタリーを調査研究することで、その答えを出そうとしている。
    何気に、インターネットのCGM(消費者生成メディア)や初音ミク、生協の歴史なども詳しく書かれており、興味深い。

  • つながらざるをえないコミュニティが減り、つながるためのツールが増える中、個々人がつながることを考える、行動することが求められているということか。複数のコミュニティにかかわること、居場所があることが大切なように思います。

  • 2014/7/5読了。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

宮崎県生まれ。東京国際大学准教授。専攻は文化社会学、消費社会論、メディア論。著書に『リスクと日常生活』(学文社)、『健康の語られ方』(青弓社)、共著に『ニュース空間の社会学』(世界思想社)、『〈つながる/つながらない〉の社会学』『いのちとライフコースの社会学』(ともに弘文堂)、『文化としてのテレビ・コマーシャル』(世界思想社)、『健康ブームを読み解く』(青弓社)など。

「2016年 『リスクを食べる 食と科学の社会学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柄本三代子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×