浅草公園 凌雲閣十二階―失われた〈高さ〉の歴史社会学

著者 :
  • 弘文堂
3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335551741

作品紹介・あらすじ

明治・大正時代の東京スカイツリーである浅草十二階と、盛り場に集う群衆。稀代の民間学者に導かれて、東京の歴史が幕を開ける。

稀代の郷土史家にして考証家、喜多川周之。遺された膨大な資料をもとに、関東大震災前の東京・盛り場=浅草にたつ凌雲閣十二階とそこに集う有名無名の群衆を描く。
パノラマ的視界を現出させた、当時のめざましい高層建築、日本初のエレベーター、初めての美人コンテスト、そして関東大震災による倒壊。話題に事欠かない凌雲閣十二階の消長が、日本近代の諸相、人々の好奇心のありようを鮮やかに照らし出す。
本書は喜多川周之という人物とその業績をていねいに辿りながら、脱皮を繰り返すように成長していく東京、そして日本近代の様相、人々の欲望をみごとに捉えた歴史社会学の成果。図版多数、読物としても面白い内容。「記録と記憶」と題された当時の貴重な資料は必見。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凌雲閣に興味があって読み始めたけど、2章、3章の喜多川周之さん(石版画工、民間学者)が魅力的すぎた!

  • 当時の資料を基にした、十二階の当時の様子など。
    小説などではよく見るけども、実際の様子などは読んだことなかったので、と借りてみる。
    十二階の喜多川さんのことも知らず、昭和も遠くなったなぁ、と。あと色々な資料が気になりました。今度江戸東京博物館で展示があったら行ってみたい。

    タイムスリップしちゃうとしたら、田舎者と笑われてもいい、やはり十二階に登ってみたい。

  • 「民間学者・喜多川周之」の仕事を通して江戸から続く明治・浅草の社会の動きがよく解る。やや高価な学術書だが図版が充実していて読みやすく資料的価値も高いと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤健二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロビン・ダンバー
山本 義隆
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

浅草公園 凌雲閣十二階―失われた〈高さ〉の歴史社会学はこんな本です

ツイートする