エクリ 1

制作 : 宮本 忠雄  竹内 迪也  高橋 徹  佐々木 孝次 
  • 弘文堂 (1972年5月25日発売)
3.40
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335650048

エクリ 1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだ2冊もあるのかよ!

  • この本の最初にここに書かれている文章は、「日本人の読者に寄せで」という題名だった。作者、ラカンはどうやら日本語を話すらしく、その言語を知る国で自分の本が訳されるということに関して、いろいろと考えているようだ。その中に、この本を日本語として読み進めてほしくない、というより、ここでやめてくれとはっきり書かれている。

    また、翻訳がどこまでこの人の心を伝えることを拒んでいるのか考えてしまうと、話はぐるぐる回ってくる。
    危険な本かもしれない。でも、ここから読んだ方がいいかな。多分解説の本から読むと、どんどんわからなくなるのかもしれない。そんな予感。それとともに、直感で、これってきっとこの作品が書かれている本当の言語じゃないと、危険じゃない??ということでした。
    理解できないのはまだ危険じゃない。勘違いしてそれを正当化して解釈する、それが危険。要注意である。

  • さっぱりわからん

  • ラカン、ラカン、ラカン!

全8件中 1 - 8件を表示

ジャック・ラカンの作品

ツイートする