エクリ(3)

  • 弘文堂
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335650062

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全三分冊の中では一番得るところの多かった(気がする)本書。元々ラカンはソクラテス的な〈書かずに語る〉スタイルの教育者であり、訳者あとがきにもある通り『エクリ(書かれたもの)』とは名ばかりの、大半が講義やゼミナールでの発言を収録したものとなっているのだが、「フロイトの……弁証法」に出てくるグラフや公式のような図示すらも難解というこの徹底した難読具合は、多くのフランス人読者の感想が「フランス語の翻訳でまた読みたい」だったという見事なオチが凡てを物語っていよう。次に読むべきはやはりジジェクか……?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1901-81年。フランスの精神分析家。パリ大学医学部などで学び、サン=タンヌ病院などで臨床に専念。1964年にはパリ・フロイト派を創設した。1953年から始められたセミネールは多くの聴衆を集めるとともに、大きな影響を与え続けている。著書に、『エクリ』(全3巻、弘文堂)。

「2019年 『アンコール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・ラカンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル・フーコ...
ロラン・バルト
ヴィクトール・E...
ジャック・デリダ
ジャック・デリダ
ジャック・ラカン
ミシェル・フーコ...
ウィトゲンシュタ...
ジャック・ラカン
ジャック・デリダ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×