• Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336024473

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピンチョンこわい。登場人物がめちゃくちゃ多くて、正直、アノ人とアノ人が同じ人物だと気づかないこと多々あって、具体的にいうと、読了後に解説読んで「あの人があの人で、だから整形外科が」みたいな状態だったり――っていう感想が出てしまうぐらい初々しい作品な気がします。なんというか、ピンチョンってそういうとこ越えてる印象あるので。
    といいつつ、それすら意図的なモノにみえてしまう怖さがあります。つまり、デビュー作である今作は、ここから綴られるピンチョンの作品履歴における導入・プロローグなのではないか――と思ってしまうわけです。「V.」における時間・場所の交錯は「V.」の中にとどまっていない。彼の「作品群自体」が、そのような構造になっているのではないか、そして、ピンチョンは、それを意図しているのではないか。そんなカンジで、ピンチョンの「陰謀」を感じてしまうこと、これこそが「V.」なのかもしれませんね。こわーー。

全1件中 1 - 1件を表示

トマス・ピンチョンの作品

ツイートする