殺人論 (クライム・ブックス)

著者 :
  • 国書刊行会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336032959

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大正11年~14年頃に『新青年』はじめ大衆紙で発表された、不木の犯罪学関係の著作を纏めた一冊。医学的な範囲をはみ出して、神話も説話も浄瑠璃も実録犯罪も全て同じ土俵の上に並べて論じてるのが面白いです。(医者としての科学的視点に裏付けられた文化的考察と言えば良いのか…いろんな要素がごっちゃに混ざってるところが味わい深い。もちろん今では科学的に否定されてる論もいろいろもっともらしく説明されてますが、そこはそれを踏まえて、当時のトレンドを楽しむ感じで)
    1920年代の探偵小説を形作る要素を感じさせる一冊です。
    長山さんの巻末解説も素晴らしかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

推理小説作家。東京大学医学部卒、医学博士。1890-1929.医学的・心理学的知見を駆使した作風で屹立。代表作に、「痴人の復讐」「恋愛曲線」「闘争」など。

「2017年 『疑問の黒枠』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小酒井不木の作品

ツイートする
×