火星の魔術師 (探偵クラブ)

著者 :
  • 国書刊行会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336034595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は暗い情念を持った怪奇短編。乱歩に通ずるところがある。
    後半は科学小説的なもの。ベストは『白金神経の少女』。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/6123923.html)
    (収録作品)歪んだ夢/夢鬼/睡魔/魔像/虻の囁き/白金神経の少女/火星の魔術師/宇宙爆撃/地図にない島

  • この時代既に染色体の二倍体とかあったんだね

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1913年生まれ、1944年没。東京生まれ。探偵小説作家としてデビューし、SFで一躍人気作家に。本作『地底大陸』が代表作。

「2018年 『地底大陸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

火星の魔術師 (探偵クラブ)のその他の作品

火星の魔術師 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 火星の魔術師 (青空文庫POD(ポケット版)) 蘭郁二郎
火星の魔術師 (青空文庫POD(シニア版)) オンデマンド (ペーパーバック) 火星の魔術師 (青空文庫POD(シニア版)) 蘭郁二郎
火星の魔術師 (青空文庫POD(大活字版)) オンデマンド (ペーパーバック) 火星の魔術師 (青空文庫POD(大活字版)) 蘭郁二郎

蘭郁二郎の作品

ツイートする