エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ)

制作 : Isabel Allende  木村 栄一  窪田 典子 
  • 国書刊行会
3.87
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336035967

作品紹介・あらすじ

大統領の座を狙う元歴戦の勇士は、市場の娘から選挙用に「完璧な演説」を買うが、そのおまけに貰った言葉にとり憑かれ、骨抜きにされてしまう「二つの言葉」。サーカス稼業の山師が貴婦人に恋をした。つれない貴婦人を振り向かせた贈り物とは…「恋人への贈り物」。自分を五十年地下室に閉じ込めた男を愛し続けた女の物語「心に触れる音楽」、ある娘の魂と旅したインディオの身の上話「ワリマイ」、成り上がりの悪党夫婦が上流階級の仲間入りをしようと悪戦苦闘する「人から尊敬される方法」ほか「ヒキガエルの口」「トマス・バルガスの黄金」「私たちは泥で作られている」など、お話の名人エバがさまざまな物語の糸を紡いで織りあげた素敵なお話の数々。現代のシェヘラザード、アジェンデ本領発揮の作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「お話には色々種類がある。話しているうちに現実そのものになるものもある。また、記憶の奥底に秘められているお話もある。時間がたつとともに、それらは悪夢の元となっていく。時々記憶から生まれる悪魔を祓うために、物語として話さなければならなくなる」
    中編小説「エバ・ルーナ」の姉妹編。話を語ることを運命付けられたエバが語った物語。本編「エバ・ルーナ」では、彼女が死者のことを話し続けるうちに死者たちが家に訪れ家がいっぱいになった…というような描写がありますが、アジェンテの小説は語らずにはいられなくて語られていった力強さがあります。

    ★★★
    言葉を売る少女。大佐に選挙に勝つ言葉を売る。大佐は彼女の囁いた二つの言葉に心を奪われる
     / 二つの言葉
    言葉を売り遍歴する人生とはなんだか羨ましい感じもします。

    エバと友人クラリーサとの死後もさらに続く交流
     / クラリーサ

    一人の女を50年間閉じ込め続けた男
     / 心に触れる音楽

    一族から引き離され死んだインディオの娘の魂を天に還す旅に出る男
     / ワリマイ

    女性に結婚の言葉を言うため40年間待ち続けた男
     / 小さなハイデルベルク

    女により身を滅ぼすと予言されたならず者の運命
     / 判事の妻

    父を殺した男に強姦された少女の果たした愛の復讐
     / ある復讐

    エバの恋人のジャーナリストは、災害で死を待つ少女のそばにいた。彼は少女にエバから聞いた物語を話す。
    「あなたは私の元に戻ってきた。けれどももう以前のあなたでなくなった。私はそばにいて、あなたが自分の内面へのたびを終えて、昔の古傷から癒されるのを待っている。あなたが悪夢の世界から戻ってくれば、また以前のように二人で手をつないで散歩できるわね」
     / 私たちは泥で作られている
    ★★★

  • 短編集なのにひとつひとつの話が長編小説のように厚みがあり、心に深くて複雑な感動をもたらす。ゼッタイ「エバ・ルーナ」を読んでから読むこと!

  • 小説に期待することが全部ある、そんな本。酔わせる。つまらぬ御託をならべても、野暮ってもの。
    巻頭の一篇「二つの言葉」は、世界短編ベスト10に数えてもよいと思う。

  • 少し訳文が読みにくい(特に前半)。
    が、揺らぐ政情の中にいる不安定な中、生きている人々のエネルギーのようなものが多々伝わってくる。ストリートチルドレンであるウベルトや、女将、ミミ―など、魅力的な登場人物が多々出てくる。それらが複雑に入り混じり、あの人物はその後どうなったのだろうかと、その後が気になってしまうのである。

  • 本を読んで、初めて感じたカルチャーショック。
    家族という血のカルチャーなのか、文化という国のカルチャーなのかよくわからんけど、気持ちの良い違和感。
    物語の前提が自分の常識外にある。
    私には噛み応えのあるファンタジーだった。

  • 2009/8/16購入

全7件中 1 - 7件を表示

イサベル・アジェンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フアン・ルルフォ
ガブリエル・ガル...
ガブリエル ガル...
ウンベルト エー...
フリオ リャマサ...
ウラジーミル ナ...
J.L. ボルヘ...
ポール・オースタ...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ)に関連する談話室の質問

エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ)はこんな本です

ツイートする