クイーン談話室

  • 国書刊行会
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336036117

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 探偵小説収集狂の進化の4段階、カーとロースンのアイデア交換秘話、作家のサインの値段、有名作家が選んだ究極の名作リスト、世界最初の女性探偵、ペンネームの選び方、タイトルの解剖学、紳士探偵の性生活、名探偵のトレードマーク、等々、本格ミステリの第一人者にして名編集者クイーンが披露する、ミステリをめぐるさまざまな話題、EQMMの興味津々の編集裏話を満載。該博な知識と軽妙な語り口で人気を博したミステリ・エッセイの名著中の名著。付録として、合作方法、代作問題などクイーンの創作の秘密に迫る小伝を付す

     2009年5月28日購入

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

エラリー・クイーン。フレデリック・ダネイとマンフレッド・B・リーの合作ペンネーム。従兄弟同士で、ともにニューヨーク、ブルックリン生まれ。1929年『ローマ帽子の謎』で作家としてデビュー。ラジオドラマの脚本家やアンソロジストとしても活躍。主な代表作に『ギリシア館の謎(32)、『エジプト十字架の謎』(32)の〈国名シリーズ〉や、『Xの悲劇』(32)に始まる〈レーン四部作〉などがある。また編集者として「エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン」を編集、刊行した。

「2021年 『消える魔術師の冒険 聴取者への挑戦Ⅳ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エラリー・クイーンの作品

ツイートする
×