夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ)

制作 : Reinaldo Arenas  安藤 哲行 
  • 国書刊行会 (1997年5月1日発売)
4.04
  • (10)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336039514

夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前映画を観たが、こんな泥々だったろうか…。
    死の際に書いた自伝。まさに凄絶な手記。

  • 価値ある本については、くどくどしく感想を述べることが、つまらない行為に思える。本書がまさにそれ。
    十年に一度あるかないかの小説、一段せばめて自伝小説として見渡してみたら、生涯でほかに数冊出会えるかどうか、わたしにとってはそのレベル。

  • 何度も読み返してる、大好きな本。墓場に持っていきたい。

  • 幼少期の熱帯の風景、家族の風景で一気に引きこまれる。中盤はキューバの作家陣の名前が頻繁に出てきて、誰がだれだか混乱する。
    独裁、革命、そしてより悲惨な独裁へと、国が移り変わっていく様が、ひとりの若者の目を通して語られている。
    社会主義国の内情は、外からではわからない。キューバなどは社会主義とはいっても、なんとなくノンビリしたイメージ(カストロも年だし)だが、内部は全くそんなことはなく、苛烈な弾圧がおこなわれていたということが理解できた。

    ただ、亡命したからといって、満足な自由が得られるわけではなく、故郷を失った放浪者として孤独を抱え続けなくてはならないと作者は言っている。
    最後のグラスが割れるシーンが、とても印象深かった。

  • 最後の一文で、緊張がとける。自由や幸せを離してはいけないって思った。

  • 昔、図書館で借り、忘れられなくて買った本。
    色々と壮絶。映画も良かったけど、こちらはより哀愁が漂う感じ。
    かなり大変で、悲惨なこともいっぱいある人生なのに、悲観的にならないあたりが好きです。

    そして最後の一言がまた……ズドンと内臓に落ちるような衝撃でした。

  • いい本です。

全7件中 1 - 7件を表示

レイナルド・アレナスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スタニスワフ レ...
ウラジーミル ナ...
フランツ・カフカ
リチャード ブロ...
ガブリエル・ガル...
ウィリアム・ゴー...
ウンベルト エー...
リチャード ブロ...
アゴタ クリスト...
ボリス ヴィアン
有効な右矢印 無効な右矢印

夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ)に関連する談話室の質問

夜になるまえに―ある亡命者の回想 (文学の冒険シリーズ)はこんな本です

ツイートする