• Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336040145

作品紹介・あらすじ

食えるものも食えないものも-幻影の美食学。古今東西テーマ別文学全集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 味覚の快楽の追求…その行き着くさきは未知なる食材と新奇なる味。「新奇」と「怪奇」の間で揺れ動く美食文学を、世界中から集めたアンソロジー。「焙豚の説」「むかし気質の地主」「食魔」など、18編を収録する。

  • 1/25 読了。
    おいしそうな話。ラム「焙豚の説」と中島敦「聘珍楼雅懐」がよかった。ゴーゴリ「むかし気質の地主」も、もてなし好きな老夫婦のやさしい話だった。露伴はやっぱ悪趣味w

  • 好:青木正児「陶然亭」/幸田露伴「珍饌会」

  • 第14巻 全20巻

  • 美食にまつわる話を日本・世界から集めた小説アンソロジー。短編18編。

    この小説アンソロジーで初めて岡本かの子を知った。
    岡本かの子の「食魔」、久生十蘭の「花合わせ」が特に良い。

  • 豚肉を食べるようになった理由が納得できます。香ばしい豚肉の皮は絶品ですもの。

  • 青木正児の「陶然亭」を読んでは、こんな居酒屋が近くにあればと願う日々です。酒飲みの方ならたまらないはず。
    幸田露伴のちゃめっ気たっぷりな「珍饌会」が収録されているのも嬉しい。お腹のすく一冊です。

  • 書物の王国シリーズの第14巻 (全20巻)

  • 書物の王国

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1867年(慶応3年)~1947年(昭和22年)。小説家。江戸下谷生まれ。別号に蝸牛庵ほかがある。東京府立第一中学校(現・日比谷高校)、東京英学校(現・青山学院大学)を中途退学。のちに逓信省の電信修義学校を卒業し、電信技手として北海道へ赴任するが、文学に目覚めて帰京、文筆を始める。1889年、「露団々」が山田美妙に評価され、「風流仏」「五重塔」などで小説家としての地位を確立、尾崎紅葉とともに「紅露時代」を築く。漢文学、日本古典に通じ、多くの随筆や史伝、古典研究を残す。京都帝国大学で国文学を講じ、のちに文学博士号を授与される。37年、第一回文化勲章を受章。

「2019年 『珍饌会 露伴の食』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸田露伴の作品

ツイートする