芳年妖怪百景

制作 : 悳 俊彦 
  • 国書刊行会
4.09
  • (26)
  • (6)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336042026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数ある浮世絵師の中でも私は特に芳年が好きなのだが、その影響を多分に与えてくれたのがこの一冊だった。鏡花が読本の挿絵に魅せられて多くの作品を生み出したように、私もいつかこうした浮世絵のおどろおどろしい妖怪たちをテーマに文章を綴ってみたい。今書いている原稿がちょうど魑魅魍魎が跋扈する山中他界のお話なので、校正の際の養分になってくれればいいなと思う。

  • 明治を代表する浮世絵師、月岡芳年(1839~1892)の妖怪画幽霊画をオールカラーで収録した画集。傑作「新形三十六怪撰」の全図ほか全70点。(「MARC」データベースより)

  • 帯文:美、恐怖、郷愁……月岡芳年の妖怪ワールド

    目次:羅城門渡辺綱鬼腕斬之図(口絵)、袴垂保輔鬼童丸術競図(口絵)、幽霊之図、宿場女郎図、新形三十六怪撰、平清盛延焼病之図、豪傑奇術競、大物海上月、源氏夕顔巻、…他

  • 新形三十六怪撰のところと、平清盛のところと、最後のコラムだけ。芳年の色づかいには息をのむ。この人の美人画が大好き

  • 2012年7・8月 図書館員のおすすめ
    「妖怪画鑑賞 ~妖怪は見た目が命~」

  • 芳年の描く男性は色気があって好み

  • 芳年が好きすぎる。
    構図といい描写といい凄すぎる。

    2014/12/14購入

  • 線がなんとも言えず、好きなのです。
    色使いと言い、品があると思います。無論、自分の好みで、と言うことですが。

  • 墓まで連れて行きたい本第二位。
    思い切りの良い筆致と人物の表情、発想など大尊敬。

全15件中 1 - 10件を表示
ツイートする