恋する潜水艦 (文学の冒険シリーズ)

制作 : Pierre Mac Orlan  大野 多加志  高遠 弘美  尾方 邦雄  橋本 克己 
  • 国書刊行会
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336042385

作品紹介・あらすじ

陶器製のチューリップ、学のある豚ソーセージ、人工飼料で飼育された大砲、深海でハンマースリコギ魚を写生する画家-奇妙奇天烈な多数のオブジェが登場するなか、超人カール大佐が艦長を務めるUボート713号は、南国の美しい歌姫に恋してお魚に戻っていく…「ジャリの『ユビュ王』とダダイズムとの架け橋となった作品」と評される未来派的な奇作『恋する潜水艦』。古びた海賊の地図をたよりに、金銀財宝を求めて上陸した島に見いだしたものは…"『宝島』異聞"ともいうべき傑作『海賊の唄』。カリブ海を荒らし回るバッカーニアたちの多彩なエピソードをモザイク状に綴った『金星号航海記』。独特のユーモアと幻想にあふれた冒険小説、全3編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モダニズム時代、フランスで人気を博したピエール・マッコルランの海賊三編。単純な勧善懲悪とは趣が異なり、アウトサイダー達の希望と失意と後悔、世界に対する恐怖や絶望、そんなのが書かれてる。表題作はさらに趣向が異なり、有機体と機械が合体した奇妙きてれつな小道具大道具仕立てで、ナンセンス童話の風情ながら そこは命をかけた海賊だから軽くはない。ギュス・ボファの挿絵が良くて、三編とも面白く読んだ。

  • ユニークな発想がちりばめられていた楽しい小説。ストーリーよりは登場する面白い人やモノとか細部を楽しむ小説。

全2件中 1 - 2件を表示

ピエール・マッコルランの作品

ツイートする