ストップ・プレス 世界探偵小説全集 (38)

制作 : 富塚 由美 
  • 国書刊行会
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336044389

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作品、大プッシュな方々ごめんなさい…。この人の笑いのツボがどうしても私にはあわないみたいです。そもそも、笑えるところがどこなのか判らないまま読了…。何度も挫けては放置→最初から読み直しを繰り返して、なんと読み終わるのに2年かかりました…。

  •  この著者でこの厚さ。それだけで読む前から引いてしまう。読んでみてそれが思いすごしではなく図星なのだから参る。延々と続く本筋とは関係のないペダンティックな会話。英文学の素養のない者には苦行以外の何物でもない。これで後半に飛びきりの謎解きでも用意されているのならその忍耐も報われるというものだが、小さな悪ふざけの積み重ねという以上に事件は起こらず、犯人とかくされた動機の意外性もピンとこない。頭で考えただけで活字にしていないプロットが何者かによって現実化されるという大きな謎も、脱力の種明かしとなってはまさに徒労感のみが残る。

  • カバー見返しに「全篇が壮大なプラクティカル・ジョーク」と紹介されている通り大人の悪ふざけが愉しい傑作。ゆる〜い空気の中、文学・出版関係者、大学人が繰り広げるどこかズレた会話や行動にニヤリとさせられる。珍騒動の末に明かされる複雑に入り組んだ真相もなかなか見事。

  • 眉間に皺寄せて「そも本格とは云々」と語りたがる手合いにこそ読んで頂きたい、ゆるーいジョークに溢れたミステリ。4ページに1回は必ず笑いを取りにくるイネスってすげぇカワイイ。

全4件中 1 - 4件を表示

マイクル・イネスの作品

ツイートする