ガブガブの本―『ドリトル先生』番外篇

制作 : Hugh Lofting  南條 竹則 
  • 国書刊行会
3.75
  • (7)
  • (4)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336044723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな児童文学、ドリトル先生の番外編。子豚のガブガブによる食べ物説話集と、その朗読の様子をお馴染みトミー・スタビンズ君の視点で描いている。
    全20巻にも及ぶガブガブの「食物百科」は馬鹿馬鹿しいようで、食べ物の大切さを説いており、感動的である。特に最後のピクニック叙事詩は壮大で牧歌的な雰囲気と、戦争の愚かしさが描かれており、読み応えがある。

  • へぇ、ドリトル先生シリーズに番外編があるのか、と何気なく手に取ったが、これが面白かった! こういう“誤算”は嬉しい。特に小石のスープの挿話は、面白かったのでその部分だけ長女に話したところ、何度も聞かせてくれとせがまれた。シリーズのストーリーには全く触れられていないので、1作でも読めばこの本はオススメ。ガブガブファンになること請け合い。(2008-02-23L)

  • ほんとは☆100億!
    サラダドレッシング博士おもしろ~い!
    読んでたら、おなかすいてきちゃったよ

  • 少し前にブクログでみかけてアレ?番外編なんてあったんだ、と図書館で借りてみました。なんだかガブガブが理知的で違和感(笑)先生が居ないからか。

    ドリトル先生の家族の中ではアヒルのダブダブがなにせ大好きです。なんか良いですよね、あの家政婦。ガブガブが大好きなパースニップって日本ではあまり知られてないよなあとかそんなことを思いました。それにしても彼が結構哲学的でびっくりです。

  • 楽しく読みました。

    途中、ロフティング氏の遊び心なのでしょう、言葉遊び的なところがあったようで、イギリス文化に疎い私には読みづらかったのですが、それは気にせず読み進めたほうがよいようです。(そういうところまで読み込むとまた面白いのでしょうね!)
    最後に王さまが田舎紳士として生きることを選んだところ、何とも言えない切なさを感じました。

    ガブガブ、ロフティング氏大好きです。

  • ドリトル先生の番外編。
    あひるのガブガブの話を中心に短編10話。

    固有名詞、パロディ一覧があり、英和辞典で調べろとのこと。

  • 食いしん坊のブタ、ガブガブの魅力が一杯です。

  • 全篇、ブタのガブガブの食べ物に関する炉辺談話。
    耳を傾ける動物たちの反応も含めて微笑ましい。

  • 井伏さんの訳だったらもっと面白かったかも。ガブガブによる物語。ドリトル先生シリーズが好きな方は是非。

全9件中 1 - 9件を表示

ガブガブの本―『ドリトル先生』番外篇のその他の作品

Gub Gub's Bookの詳細を見る ハードカバー Gub Gub's Book ヒュー・ロフティング
GUB GUB'S BOOK ハードカバー GUB GUB'S BOOK ヒュー・ロフティング

ヒュー・ロフティングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
ばーじにあ・りー...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする