短篇ベスト10 (スタニスワフ・レム・コレクション)

制作 : 沼野充義  関口時正  久山宏一  芝田文乃 
  • 国書刊行会
4.30
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336045058

作品紹介・あらすじ

集団主義のイデオロギーによって個人が厳しく抑圧される様を、独裁者の支配下、人びとが水の中に住むことを強制されている星に仮託して風刺的に描いた「航星日記・第十三回の旅」、大事故にあった宇宙船の中に唯一生き残った、壊れかけのロボットに秘められた謎を追った「テルミヌス」、高性能コンピュータに人類の歴史のありとあらゆる情報を吸収させた上で詩を作らせる、抱腹絶倒の言葉遊び「探検旅行第一のA(番外編)、あるいはトルルルの電遊詩人」など、本国ポーランドの読者人気投票で選ばれた15篇の短篇から、新訳の10篇をセレクト。レムの短篇の神髄ともいうべきえりすぐりの傑作選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三人の電騎士
    航星日記・第二十一回の旅
    洗濯機の悲劇
    A・ドンダ教授 泰平ヨンの回想記より
    ムルダス王のお伽噺
    探検旅行第一のA(番外編)、あるいはトルルルの電遊詩人
    自励也エルグが青瓢箪を打ち破りし事
    航星日記・第十三回の旅
    仮面
    テルミヌス

  • ひとりレム祭り第2弾。

    まず、冒頭の「三人の電騎士」にシビれる。「仮面」もそうだし、レムってファンタジーも書けるんだ!まさにハードなファンタジー。
    読者の人気は低いらしいけれど、最後の「テルミヌス」ってもうホラーだね。やっぱりピルクス・シリーズが面白いけれど、この短編集で今までスルーしてきたロボット物語も結構面白いことを発見。探してみよう。

    やっぱり、レムはすごいぞ!

  • 改訂を重ね訳が変われども、やはり第二十一回の旅が秀逸

  • レム短篇の神髄を集めたベストオブベストらしい。ドタバタコメディやファンタジー風の小話の中にもシニカルな文明批評や哲学的考察が詰め込まれている。圧倒的な知性にのみ可能な悪ふざけ。ぶっ飛んでるなぁ。

  • 集団主義のイデオロギーによって個人が厳しく抑圧される様を、独裁者の支配下、人びとが水の中に住むことを強制されている星に仮託して風刺的に描いた「航星日記・第十三回の旅」、大事故にあった宇宙船の中に唯一生き残った、壊れかけのロボットに秘められた謎を追った「テルミヌス」、高性能コンピュータに人類の歴史のありとあらゆる情報を吸収させた上で詩を作らせる、抱腹絶倒の言葉遊び「探検旅行第一のA(番外編)、あるいはトルルルの電遊詩人」など、本国ポーランドの読者人気投票で選ばれた15篇の短篇から、10篇をセレクトした新訳。

  • 『スタニスワフ・レム・コレクション』の最新刊。
    タイトルは『短篇ベスト10』だが、原書では15篇が収録されていた。そのうち5篇はハヤカワ文庫から復刊された『泰平ヨンの未来学会議』と『完全な真空』のうち4篇ということで、本書は『ベスト10』となったそうだ。
    レムというとどうしても長篇のイメージが強いが、短篇もかなりユニークで面白かった。
    『洗濯機の悲劇』や『ムルダス王のお伽噺』なども良かったのだが、一番好みだったのは『仮面』。巻末の『〈メニッペア〉としての小説』では、本国で収録作を決めるための読者投票での順位は低かったことが言及されているが、なんでこれ低かったんだろう? ちょっとレトロな雰囲気が漂っているところがモロに好みだったので、著者と原書の編者が復活させてくれて本当に良かった……。

全6件中 1 - 6件を表示

スタニスワフ・レムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
伊藤 計劃
ミハル・アイヴァ...
アンナ・カヴァン
スタニスワフ レ...
ピエール ルメー...
ミシェル ウエル...
ウラジーミル・ソ...
J.L. ボルヘ...
スタニスワフ・レ...
有効な右矢印 無効な右矢印

短篇ベスト10 (スタニスワフ・レム・コレクション)に関連するまとめ

短篇ベスト10 (スタニスワフ・レム・コレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする