あなたがもっと美しくなるために

著者 :
  • 国書刊行会
3.56
  • (11)
  • (15)
  • (33)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 151
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336045157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 真のおしゃれについて語られた一冊。

  • 国書刊行会といえば、歴史史料集やら部数の出なさそうな(でもコアな読者がいそうな)重厚な全集がお得意というイメージがある。その国書刊行会から中原淳一の本が出ているとは、それだけで興味深い。

  • レビューはブログにて

  • 女性たるものやっぱり美しくありたいと思うもの。人生を楽しんで生きていくためのヒントが凝縮された一冊です。

  •  服装の着こなしから、女性のたしなみ、美しさなど、中原淳一のおしゃれに対する考え方がつまっています。時代としてはそぐわないものもあるのですが、女性の在り方や、美しさがどういうときに引き出されるかということに関しては、普遍的だと思います。

  • 美しい本。

  • 美しさは生きる基本です。

  • 新聞に2年間連載していた、おしゃれについてのエッセイをまとめた本。身だしなみという言葉の意味がわかります。

  • 中原淳一さんの本。この人すっごいリスペクトしてます笑 夏休みに借りて、1日1頁ずつ読んだ。古き良き時代の女性へのすすめを描いている本。お洒落な本。

  • あくびを隠さないような女は興醒めなんですって。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中原淳一
1913年、香川県に生まれる。昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。戦後まもない1946年、独自の女性誌「それいゆ」を創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊し、夢を忘れがちな時代の中で女性たちに暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。活躍の場は雑誌にとどまらず、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードし、先駆的な存在となる。そのセンスとメッセージは日本の女性文化の礎として現代を生きる人々の心を捉え、新たな人気を呼んでいる。 妻は、宝塚歌劇団の草創期を担った男役トップスターで、戦後映画テレビで活躍した葦原邦子。

「2021年 『中原淳一 おとめのぬりえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中原淳一の作品

ツイートする
×