ピントがボケる音―OUT OF FOCUS,OUT OF SOUND

著者 : 安田謙一
  • 国書刊行会 (2003年10月発売)
3.59
  • (3)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 31人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336045331

作品紹介

膨大な知識に裏付けされた独自の批評眼が冴え渡る。ロック漫筆家:安田謙一のポップカルチャー・コラムを集大成!伝説のミニコミ誌「3ちゃんロック」に始まる過去15年のコラム・エッセイを一挙収録。タイニー・ティム、ブレイヴ・コンボ、シャッグス、ジョー・ミーク、そしてクレイジーケンバンドに宇宙一の愛情を注ぎ、ギターウルフからポール・マッカートニー〜小林旭からピチカート・ファイヴまで、世界中のロックの謎・魔法・魅力を解き明かす批評の数々。圧倒的なヴォリュームでおくるディスク・レヴュー、さらに書評も映画評論も全部かき集めた!まさに待望のヴァラエティ"クリティック"ブック。

ピントがボケる音―OUT OF FOCUS,OUT OF SOUNDの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 評論が作品になっている。

  • 我が座右の書。

  • 帯の小西康晴の推薦文で著者について「ノーブル」という書かれているのですが、この本を読んで「ノーブル」という言葉の意味が掴めた気が。様々な音楽
    について語る上でも「ノーブル」な姿勢は一貫しています。

全3件中 1 - 3件を表示

安田謙一の作品

ピントがボケる音―OUT OF FOCUS,OUT OF SOUNDはこんな本です

ツイートする