こころの洗濯 (スマナサーラ長老の悩みをなくす7つの玉手箱 3)

制作 : Alubomulle Sumanasara 
  • 国書刊行会
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (115ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336050786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幸せになるには自分のこころ次第。

    『私たちの支配者であり、管理者であり、私の神様であって、私のことをすべてやってくれるのは、私のこころです。』
    この一文は忘れないでおきたい。

    こころをきれいなままでいるのは難しい。
    何かの拍子によって簡単に汚れてしまう。

    そこで「こころの洗濯」をする。

    『私は幸せでありますように。私の親しい人びとが幸せでありますように。生きとし生けるものが幸せでありますように。』

    人生が好転する法則である。

  • 【生き方】こころの洗濯/スマナサーラ長老/20140322(29/203)

    ◆きっかけ
    ・(図)から借りていたKの本を返却時に当方名義で借り直して。

    ◆感想
    ・こころの洗濯、その為の万能洗剤は「やさしさ」だという。他人にやさしくすると気分がいい、するとゆっくりと、こころのわがままと無知が消えていく。
    ・何も難しいわけではない。これならできそうだ。別途見たNHKスペシャルの幸福学でも同じようなことを言っていた(幸福度は、人間関係が充実していると向上する。そのより良い人間関係を築くには、他人にやさしくすること、という)。

    ◆引用
    ・長寿の秘訣:明るく穏やかな気持ちで、にこにこと生活する。自分の体にも、心にもやさしく接する。決して傷めつけない。
    ・私たちの支配者であり、管理者であり、私の神様であって、私のことをすべてやってくれるのは、私のこころ
    ・こころの汚れ=欲、怒り、無知
    ・優しい心は花をも咲かせる。
    ・慈しみを育てる念じる方法:①私は幸せでありますように、②私の親しい人々が幸せでありますように、③生きとし、生けるものが幸せでありますように。
    ・いやな人 にも、悪い人にも親切してやるぞ。

  • やさしさは万能薬。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。1945年4月、スリランカ生まれ。スリランカ仏教界長老。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとる。1980年に来日。駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事している。朝日カルチャーセンター(東京)の講師を務めるほか、NHK教育テレビ「こころの時代」などにも出演。『くじけないこと』 (角川SSC新書)、『執着しないこと』(中経出版)、『怒らないこと』『生きる勉強』(以上、サンガ新書)など著書多数。

「2017年 『ためない生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルボムッレ・スマナサーラの作品

ツイートする