幸せをひらく鍵 (スマナサーラ長老の悩みをなくす7つの玉手箱 4)

  • 12人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Ven.Alubomulle Sumanasara 
  • 国書刊行会 (2009年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336050793

幸せをひらく鍵 (スマナサーラ長老の悩みをなくす7つの玉手箱 4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【生き方】幸せをひらく鍵/A. スマナサーラ/20140220(18/193)
    ◆きっかけ
    ・Kより紹介

    ◆感想
    ・一言でいえば、「少欲知足」(仏教用語)=きりのない欲で求めて求めていくのではなく、いついかなるときも、満足を感じていられること。(≒吾唯足知(禅宗))。ほとほどにということか。
    ・これにより明日ではなく、今日の今の幸せをかみしめること。

    ◆引用
    ・人間のよけいな考え方、余分な願い、くだらない黙想、悩みは猛毒。
    ・考えすぎることは、決して頭がいいことではない。本当に知恵があるとは、その場その場で何をすべきか、さっと判断できること。
    ・求めて得る幸せがあるのではなく、自分の中の不満感を切ること。満足していなさい。

全2件中 1 - 2件を表示

アルボムッレ・スマナサーラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アルボムッレ・ス...
アルボムッレ・ス...
有効な右矢印 無効な右矢印

幸せをひらく鍵 (スマナサーラ長老の悩みをなくす7つの玉手箱 4)を本棚に登録しているひと

ツイートする