寺と仏教の大改革

著者 :
  • 国書刊行会
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336051509

作品紹介・あらすじ

現代仏教を理解するためには、日本の仏教がどのように変化しながら現代へと受け継がれてきたかを理解することが必要である。文化史的な事実によって、私たちの「宗教ごとに寄せる気分の変節」をしっかり理解しないと、現代仏教がつまずいている理由がはっきりしないのである。これを知ることが現代仏教を再生する第一歩である。大改革、いま始まる。

著者プロフィール

1951年、東京生まれ。立正大学仏教学部卒、同大学院文学部修士課程修了、南カリフォルニア大学大学院日本校博士課程人間行動学科修了。「『天台小止観』の心理学的、生理学的研究」で米国カリフォルニア州公認カリフォルニア大学「人間行動科学博士(Ph.D.)」。遠壽院大荒行堂第五行成満、同副伝師となる。日蓮宗釈迦寺住職。著書『仏教の身体技法――止観と心理療法、仏教医学』『寺と仏教の大改革』ほか。

「2013年 『スピリチュアリティにめざめる仏教生活』 で使われていた紹介文から引用しています。」

影山教俊の作品

寺と仏教の大改革を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×