悪の誘惑

  • 国書刊行会
4.25
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336055354

作品紹介・あらすじ

人間の悪魔性を真正面から描き出す苦悩と狂気の物語。生涯羊飼いを生業とした「エトリックの羊飼い」ジェイムズ・ホッグによるゴシック小説、幻の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • めまいがするほどの傑作。
    第二部の手記の、ページをめくるごとに狂気が増してくる感じ、善と悪の境がぼやけて宙に浮いたような気持ち悪さ、読んでいたら本当に熱が出てきた。
    人間の存在を主題にしている点で極めて今日的。

  • 後味が悪いを通り越して胸糞悪い(汗)。読んでいてこれほど嫌悪感と気味の悪さから吐き気を催すことは、めったにない。何より、その状態においてなおページをめくらずにいられない吸引力の強さが一番問題だ。
    宗教的な観念の相違がもたらした夫婦の離別と、兄弟間の悲劇は、不気味な影を引きずったまま幕を閉じるのだが、編者が語る「第一部」と当事者が記した「第二部」はそれぞれの目線でしたためられた同一事件であるがゆえに、読者は植えつけられたおぞましい先入観を払拭できないまま第二部を読み終えることになり、さらに待ち構えている「第三部」で「おいおい……」と立ちくらむことになる。
    けっこうしんどい思いをするが、おすすめではある。

全3件中 1 - 3件を表示

ジェイムズ・ホッグの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×