クロコディル―一八世紀パリを襲った鰐の怪物

制作 : 今野 喜和人 
  • 国書刊行会 (2013年4月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336056405

作品紹介

フランス革命前夜、ルイ15世治世下のパリ。不吉な天文現象がパリに災いが起きることを予告するなか、飢饉の波が押し寄せ、財務総監の無策に怒った民衆による反乱が勃発する。その時、突如巨大な鰐の姿をした怪物が姿を現し、瞬時のうちに反乱軍と正規軍を呑み込んでしまう。暴徒を操る怪物に対し、異能の才の持ち主エレアザールは、超自然的存在の助けを借り、超能力を駆使して、怪物と配下の精霊に戦いを挑む。怪物の正体とは? 怪物の目的とは? 魔術、笑劇、SF的発想をふんだんにちりばめながら、世界中の海、陸、地下、天上、そして古代ギリシアへのタイムトラベルまで、時空を超越する物語によって西洋近代批判を展開した、18世紀フランス最大の神秘思想家による奇書中の奇書。

クロコディル―一八世紀パリを襲った鰐の怪物の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説と違うのが分かってるからまだいいけど、どうしてこうも昔のものは章立てが細かいんだろうね。
    聖書とかを読んでる気分。

  •  18世紀フランスの神秘思想家が著した珍奇な作品。暴徒を操りパリの街を襲う巨大なワニの怪物と、相対する神秘学者たちとの戦いを描く。
     啓蒙主義を揶揄した語り口はやたらと難解ではあるが、基本的にはバカっぽいSFとして読めたりします。

  • 神秘思想家って何となくアレですけど、面白そう。。。

    国書刊行会のPR
    「フランス革命前夜、ルイ15世治世下のパリ。不吉な天文現象がパリに災いが起きることを予告するなか、飢饉の波が押し寄せ、財務総監の無策に怒った民衆による反乱が勃発する。その時、突如巨大な鰐の姿をした怪物が姿を現し、瞬時のうちに反乱軍と正規軍を呑み込んでしまう。暴徒を操る怪物に対し、異能の才の持ち主エレアザールは、超自然的存在の助けを借り、超能力を駆使して、怪物と配下の精霊に戦いを挑む。怪物の正体とは? 怪物の目的とは? 魔術、笑劇、SF的発想をふんだんにちりばめながら、世界中の海、陸、地下、天上、そして古代ギリシアへのタイムトラベルまで、時空を超越する物語によって西洋近代批判を展開した、18世紀フランス最大の神秘思想家による奇書中の奇書。」

全4件中 1 - 4件を表示

ルイ=クロード・ドサン=マルタンの作品

クロコディル―一八世紀パリを襲った鰐の怪物はこんな本です

ツイートする