不必要だった二つの大戦―チャーチルとヒトラー

制作 : Patrick J. Buchanan  河内 隆弥 
  • 国書刊行会
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (536ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336056412

作品紹介・あらすじ

人類史上かつてない惨劇をもたらした二つの世界大戦。この戦争は本当に必要だったのか?本当に不可避のものだったのだろうか?チャーチルとヒトラーの行動を軸に、戦争へといたる歴史の過程を精密に検証する一書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒトラーの野心について、歴史家たちの意見はいまだ定まっていない。あるものは彼の野心は世界を目指したものである。ヨーロッパを征服してからイギリスを侵略し、世界制覇のため、アメリカに対する海、空軍の無敵艦隊を作り上げるというものであったという。またあるものは、ヒトラーの征服計画の一義的、かつ唯一の目的は東方にあっただけという。しかしヒトラーはドイツからユダヤ人を洗浄し、ボルシェビズムを殲滅することは、全員が合意している 。

全1件中 1 - 1件を表示

パトリック・J.ブキャナンの作品

ツイートする