完訳・エリア随筆II

制作 : Charles Lamb  南條 竹則 
  • 国書刊行会
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336057716

作品紹介・あらすじ

古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」待望の新訳。エッセイ文学の傑作を最上の翻訳で。本巻には美食随筆「焼豚の説」ほか、「夢の子供達」「首都に於ける乞食の衰亡を嘆ず」「当世紳士道」等全13篇を収録。詳細な註釈付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古今東西におけるエッセー文学の最高峰、ラムの「エリア随筆」待望の新訳。望みうる最高の翻訳で、エリア正篇・続篇の完訳を4分冊で刊行。詳細な注付き。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

Charles Lamb、1775-1834年。
イギリスの作家・エッセイスト。名文家として知られる。
代表作に『エリア随筆集(Essays of) Elia』(1823年)、『続エリア随筆集The Last Essays of Elia』(1833年)など。

「2017年 『完訳・エリア随筆Ⅳ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チャールズ・ラムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャールズ ラム
チャールズ・ラム
マルグリット・ユ...
レイ ブラッドベ...
レオ ペルッツ
チャールズ ラム
ハンス・ヘニー・...
エイドリアン ト...
スティーブン・ピ...
スタニスワフ・レ...
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする