聖母子への祈り: 初期フランドル絵画の祈祷者像

著者 :
  • 国書刊行会
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336058324

作品紹介・あらすじ

なぜ祈禱者はかくも大胆に描かれたのか?
ロベール・カンパン《太陽の聖母子》の源泉となった聖母マリアの図像系譜、ヤン・ファン・エイク《ロランの聖母子》に反映された注文主ニコラ・ロランの野心、ロヒール・ファン・デル・ウェイデン《聖母子を描くルカ》に隠された画家自身の「擬装」肖像――。さまざまな角度からフランドル絵画を鮮やかに照射し、新たな知見を示す、気鋭の研究者による刺激的論考。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヤン・ファン・エイク《ロランの聖母子》を初めとして、ロベール・カンパンやロヒール・ファン・デル・ウェイデンなど初期フランドル絵画における祈祷者像に注目し、各作品の特徴や成立背景、受容の様子について総合的に考察。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪大谷大学文学部教授/ネーデルラント美術史

「2021年 『天国と地獄、あるいは至福と奈落』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今井澄子の作品

ツイートする
×