なぜ国々は戦争をするのか 上

制作 : 等松春夫  等松春夫  比較戦争史研究会 
  • 国書刊行会 (2015年10月27日発売)
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 50人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336059277

作品紹介

第一次世界大戦から9.11を経て今世紀のイラク、アフガニスタンにおける戦争まで、指導者たちが戦争へと踏み出す「真実の瞬間」を、政治学のみならず、心理学、哲学などの方法論まで駆使して探った異色の戦争論。第二次世界大戦下、「日本のシンドラー」杉原千畝(すぎはらちうね)のビザで一命をとりとめるという稀有な経歴をもつ国際的な政治学者の、混迷を深める国際社会理解に必読の代表作がついに邦訳なる。

なぜ国々は戦争をするのか 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝鮮戦争、ベトナム戦争、印パ戦争等、現代史で学習すべきと思うが、全く勉強する機会なくここまで来てしまった。改めて、勉強し直す必要があると感じた。
    ユーゴの内戦についても、ほとんど何も知らないことに愕然とした。報道はされていたのか、なぜこんなにも無知なのか、反省しなければ。

  • 何故ですか?アベ君

    国書刊行会
    http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336059277/

全2件中 1 - 2件を表示

ジョン・G・ストウシンガーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウルリケ・ヘルマ...
アンソニー・B・...
トーマス・セドラ...
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ国々は戦争をするのか 上はこんな本です

ツイートする