ナイト II (ウィザード・ナイト)

制作 : 安野玲 
  • 国書刊行会
4.20
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336059550

作品紹介・あらすじ

ウエスタン・トレーダー号に乗り込んで海を渡った〈サー・エイブル・オブ・ザ・ハイ・ハート〉は、七層からなる異世界での数々の戦を経て、仕えるべき公爵との誓いを果たすため北山脈の峠へと向かう。同行するのは巨大な犬ギュルフ、片目の船乗りプーク、しゃべる猫マーニ、お茶目な妖精ウリとバキ。旅先で出会うのは立派な騎士たちと可憐な姫君、そして変幻自在のドラゴンと人喰い鬼! 果たして特別な剣エテルネは手に入れられるのか? 熱血漢エイブルが真の騎士になるための試練はつづく……〈言葉の魔術師(ウィザード)〉ウルフならではの華麗なる文章と斬新な構成、魅惑に満ちた異世界描写に彩られた傑作ファンタジー大作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あんなにディシーリディシーリ言ってたのに他のエルフ女に心変わり?
    だいたい主人公はなぜこっちの世界に馴染んでいるんだろう。少しは戻る方法を探したりしないのか。

  • 〈ウィザード・ナイト〉第2巻。
    流石に三が日は付き合いが多すぎて、いつものようにペースは上がらない。それでも非常に楽しかった。
    『何か仕掛けがあるかも……』とはまだ思っているがw
    たまにはこういうベタなファンタジーも良いなぁ…‥。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1931年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。兵役に従事後、ヒューストン大学の機械工学科を卒業。1972年から「Plant Engineering」誌の編集に携わり、1984年にフルタイムの作家業に専心するまで勤務。1965年、短篇「The Dead Man」でデビュー。以後、「デス博士の島その他の物語」(1970)「アメリカの七夜」(1978)などの傑作中短篇を次々と発表、70年代最重要・最高のSF作家として活躍する。その華麗な文体、完璧に構築され尽くした物語構成は定評がある。80年代に入り〈新しい太陽の書〉シリーズ(全5部作)を発表、80年代において最も重要なSFファンタジイと賞される。現在まで20冊を越える長篇・10冊以上の短篇集を刊行している。

ジーン・ウルフの作品

ツイートする