新編日本幻想文学集成 第8巻

制作 : 富士川義之  別役実  堀切直人  種村季弘 
  • 国書刊行会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (755ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336060334

作品紹介・あらすじ

漱石と夢文学。
アーサー王伝説を踏まえたファンタジー「幻影の盾」。SPレコードにまつわる怪異をえがいた「サラサーテの盤」。妖しい幽霊屋敷を舞台にした都市幻想小説「白血球」。超現実主義的手法で夢の世界を克明に記述した「夢の中での日常」。他全38編。
夢の記述と夢の軌跡。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第8巻は夏目漱石、内田百閒、豊島与志雄、島尾敏雄を収録。漱石、百閒に関しては、矢張り定番の短編がいちばん『幻想文学』らしいということだろうか。
    豊島与志雄も島尾敏雄も余り幻想文学というイメージはないのだが、本書収録作はどれも面白かった。

    最終巻である第9巻は2018年3月の発売予定。
    残り1冊だと思うと感慨深いものがある。長かった……。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

夏目漱石の作品

新編日本幻想文学集成 第8巻を本棚に登録しているひと

ツイートする