誰がスティーヴィ・クライを造ったのか? (DALKEY ARCHIVE)

制作 : 横山 茂雄  若島 正  小野田 和子 
  • 国書刊行会 (2017年11月24日発売)
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 27人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336060624

作品紹介

悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非推薦!?の錯乱必至メタ・ホラー・エンターテインメント!

〈モダン・ホラーの卓越したパロディ、複雑な構造を備えたメタ・フィクションにして、リアルな南部小説――しかも、読者を底知れぬ恐怖に陥れるという驚異の離れ業〉 横山茂雄

アメリカ南部ジョージアの小さな町に住むスティーヴィ・クライは数年前夫を亡くし二人の子どもを養うためフリーランスライターとして生計をたてていた。ある日愛用する電動タイプライターが故障し、修理から戻ってくると、なんとひとりでに文章を打ち始めた! 妄想か、現実か? その文章はスティーヴィの不安と悪夢、欲望と恐怖を活写したものだった。それを読むうちに彼女は――そして読者も――現実と虚構の区別がつかなくなり……ネビュラ賞作家ビショップによる異形のモダン・ホラーにして怒濤のメタ・ホラー・エンターテインメント! 巻末に〈30年後の作者あとがき〉を収録。(1984年作)


〈ドーキー・アーカイヴ〉全10巻 責任編集=若島正+横山茂雄
知られざる傑作、埋もれた異色作を幻想怪奇・ホラー・ミステリ・SF・自伝・エンターテイメント等ジャンル問わず年代問わず、本邦初訳作品を中心に紹介する新海外文学シリーズ

虚構の男 L.P.Davies The Artificial Man  L・P・デイヴィス/矢口誠訳 定価:本体2200円+税
人形つくり Sarban The Doll Maker サーバン/館野浩美訳 
鳥の巣 Shirley Jackson The Bird’s Nest  シャーリイ・ジャクスン/北川依子訳 定価:本体2400円+税
誰がスティーヴィ・クライを造ったのか?  Michael Bishop Who Made Stevie Crye?  マイクル・ビショップ/小野田和子訳 定価:本体2600円+税
さらば、シェヘラザード Donald E. Westlake Adios, Scheherazade ドナルド・E・ウェストレイク/矢口誠訳【次回配本】
アフター・クロード Iris Owens After Claude  アイリス・オーウェンズ/渡辺佐智江訳
煙をあげる脚 John Metcalf Selected Stories  ジョン・メトカーフ/横山茂雄他訳
イワシの缶詰の謎 Stefan Themerson The Mystery of the Sardine ステファン・テメルソン/大久保譲訳
救出の試み Robert Aickman The Attempted Rescue  ロバート・エイクマン/今本渉訳
ライオンの場所 Charles Williams The Place of the Lion チャールズ・ウィリアムズ/横山茂雄訳

誰がスティーヴィ・クライを造ったのか? (DALKEY ARCHIVE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きやぁ~

    国書刊行会のPR
    悪魔にとり憑かれたタイプライターが彼女の人生を狂わせる……スティーヴン・キング非推薦!?の錯乱必至メタ・ホラー・エンターテインメント!

    〈モダン・ホラーの卓越したパロディ、複雑な構造を備えたメタ・フィクションにして、リアルな南部小説――しかも、読者を底知れぬ恐怖に陥れるという驚異の離れ業〉 横山茂雄

    アメリカ南部ジョージアの小さな町に住むスティーヴィ・クライは数年前夫を亡くし二人の子どもを養うためフリーランスライターとして生計をたてていた。ある日愛用する電動タイプライターが故障し、修理から戻ってくると、なんとひとりでに文章を打ち始めた! 妄想か、現実か? その文章はスティーヴィの不安と悪夢、欲望と恐怖を活写したものだった。それを読むうちに彼女は――そして読者も――現実と虚構の区別がつかなくなり……ネビュラ賞作家ビショップによる異形のモダン・ホラーにして怒濤のメタ・ホラー・エンターテインメント! 巻末に〈30年後の作者あとがき〉を収録。(1984年作)
    http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336060624/

  • ドーキーアーカイヴの4冊目。なんとも気味の悪い作品。ホラー+メタフィクションということなんだろうけれど、技巧的でありながらしっかりとした読み応えがあるのは人物がよく書けているからだと思う。

  • ドーキー・アーカイヴの第4巻。
    いっぷう変わった小説を邦訳しているドーキー・アーカイヴだが、本書はその中でも異彩を放っている。
    ジェットコースター的なホラー小説ではあるが、本当はコイツが主人公なんじゃないの? と言いたくなるようなタイプライターの存在感、何処までが夢で、何処までが現実なのか、ストーリーが進むに従ってどんどんと曖昧になり、そしてなかなかぞっとするラストへと繋がる。解説やあとがきも読み応えがあった。
    これまでに刊行されたドーキー・アーカイヴ既刊の中では、一番取っつきやすい1冊ではないだろうか。
    著者の作品は何冊か邦訳があるようだが、長編に関しては70年代で途絶えている模様。これをきっかけに復刊か新訳が出て欲しいが、難しいかなぁ……。

全3件中 1 - 3件を表示

マイクル・ビショップの作品

誰がスティーヴィ・クライを造ったのか? (DALKEY ARCHIVE)はこんな本です

ツイートする