趙顕龍教授の韓国語で世の中を読む

著者 :
  • 国書刊行会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336060723

作品紹介・あらすじ

「ことばは文化を盛る器」
韓国語の言葉の意味がわかれば韓国文化が見えてくる!
中・上級レベルの韓国語学習者向けの読みやすいエッセイ。
 
・身近な語彙をテーマにしているので面白い。
・適度な長さの文章で読みやすい。
・比較的難しい語彙には日本語訳や解説あり。
・ノート欄に本文を書き写せるので、ライティングも同時に練習できる。

「愛」「幸福」「家族」など、よく使われる単語をテーマにした65編を通じて韓国語の意味を学び、
また、韓国文化への理解を深めながら、人生の意味について思いをめぐらすきっかけにもなる一冊。
※本文は韓国語表記、重要単語に日本語訳付き

著者プロフィール

慶熙大学一般大学院国語国文学科博士課程修了、文学博士。現在、慶熙大学国際教育院院長。大韓民国文化部国語審議委員。

「2016年 『趙顕龍(チョヒョニョン)教授の韓国語で世の中を読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

趙顕龍の作品

趙顕龍教授の韓国語で世の中を読むを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×