不気味な物語

  • 国書刊行会
3.73
  • (0)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 134
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784336063328

作品紹介・あらすじ

死と官能が纏繞するポーランドの奇譚12篇――
生誕130年を迎え、中欧幻想文学を代表する作家として近年大きく評価が高まっているステファン・グラビンスキ。ポーランド随一の狂気的恐怖小説作家による単行本『不気味な物語』(1922)『情熱』(1930)の中から、本邦初訳の11篇と代表作の鮮やかな新訳1篇を収録する、傑作短篇集。

装画 
レオナルド・ダ・ヴィンチ
《受胎告知の天使のための左手と腕の研究》一五〇五年頃

装幀 
コバヤシタケシ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ポーランドのラヴクラフト」と評されるらしい作家のホラー短編集。恋愛と官能がテーマでしょうか。抒情的でしっとりとして、そしてタイトル通りに不気味な物語。じわじわとした恐怖感が楽しめます。
    お気に入りは「情熱」。これ、読んでいてちょっと観光旅行をしたような気になりました。情景の描写が秀逸。その中でじわじわと襲い来る狂気もまた素敵。
    一番怖いと思ったのは「投影」。これもまた影の描写が美しく感じられるのだけれど。それが指し示すものが何なのか、ある程度の予測はついてしまうので(ホラーではお約束ですよね)。やっぱりこういうのは怖いなあ。

  • ポーランドと言えばショパン。その音楽からは東欧圏の響きが聞こえるし、フランス的浪漫も感じる。もちろん国境や人々が絶えず移動するヨーロッパにおいてそんな色分けは無意味かも知れないけれど。しかし、ポーランドが多くの国々と国境で繋がっていることは、彼の地に住む人々の文化的背景を説明する上で多少意味のある要素であるかも知れないとも思う。ステファン・グラビンスキの「不気味な物語」を読んで、その思いを新たにする。

    ポーランド文学史唯一の恐怖小説作家、というラベルにはそれ程感心するところはないけれど、この作家が取り上げるモチーフが西欧的文化の背景に色濃く根ざしつつ、どこかぼんやりと薄暗い景色を立ち上げる様は興味深い。例えば「情熱(ヴェネツィア物語)」という作品では、ヴェネツィアの明るい日差しではなく陽の差さない暗がりや日没後の風景ばかりを描かれるが、それはヨーロッパの中の片田舎的位置にあるポーランドの人故の特徴なのかと訝しんでみたり。もっともそれは耳の奥でそっと鳴るピアノの旋律に影響されての感想であるかも知れない。

    恐怖小説という割には、余りぞくぞくとしたところを感じないのは世の東西の感受性の違いか。あるいはこの物語をどことなく西洋の遠野物語的だなと感じてしまう狭量さ故か。遠くて近いと思うこの印象はどこかで感じたことがある、と考えてみると小泉八雲の怪談に行き着く。西洋のフィルターを通して描かれてはいても、死後に残る怨念という世界観は案外と汎世界的なものなのかも知れない。

    グラビンスキが他の作家に与えた影響を語るには余りに知識が足りないけれど、レムに繋がるような空想科学小説的な流れはあちらこちらに散らばっているとは思う。そのままSF的な物語になる展開もありそうだ。もっともそんな半SF的な小説としてはカルヴィーノの柔らかい月への連想の方に傾く。ただグラビンスキには物語の展開の意外性はほとんどなくて、お決まりの様式へと帰結する傾向があるように感じる。どれもどこかで聞いたような響きがする物語ばかり。それ故、どことなく遠野物語との類似を感じるのかも知れないとも思う。

  • 死と官能が結びつくと恐ろしく感じつつもどうしてこうも魅力的になるのだろう。
    ただひたすらに恐怖が迫る作品もありますが偶然出会った女性と恋に酔い、瑞々しい幸福を経て破滅的な結末に至る作品はその落差もありとても印象強く心に残ります。

  • あとがきの情報によると結構映像化されているようで、そうした所からもわかるように前作までのぶっ飛び度は緩く、読みやすい短編集かと思う。じんわりとした湿気漂う不穏な空気の中じわりじわり物語が進み、非常に自分には好ましい世界観だが、またもラストが突然来る。さあもう一回。これは決まりごとのようで、楽しみになりつつある。彼の中では物語の構成が第一で、人間は道具の一つという印象。実はちょっと耽美さが疲れた。やっぱ人間は生きて○して臭い生き物だと思う。彼の思い描く美女を見てみたい。好きな食べ物も知りたい。(あほな感想)

  • ポーかラヴクラフトか夢野久作か ポーランドの怪奇幻想作家グラビンスキに中毒者じわり|好書好日
    https://book.asahi.com/article/12112512

    国書刊行会のPR
    死と官能が纏繞するポーランドの奇譚12篇――
    生誕130年を迎え、中欧幻想文学を代表する作家として近年大きく評価が高まっているステファン・グラビンスキ。ポーランド随一の狂気的恐怖小説作家による単行本『不気味な物語』(1922)『情熱』(1930)の中から、本邦初訳の11篇と代表作の鮮やかな新訳1篇を収録する、傑作短篇集。

    装画 
    レオナルド・ダ・ヴィンチ
    《受胎告知の天使のための左手と腕の研究》一五〇五年頃

    訳者あとがきの一部をこちらでご覧いただけます。
    書評サイト「ALL REVIEWS」 https://allreviews.jp/review/2855
    https://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336063328/

  • まさに死と官能の物語。
    100年も前にこんな不気味な物語を綴っていた作家さんがいたとは。
    グラビンスキという作家を知れてよかった。

    そんなにむかしのお話という気がしないんだよなぁ。
    死とか官能のか不気味とかそういうネタは風化しないのかしらね。

  • グラビンスキの短編集、4冊目。
    本書で代表作の邦訳はほぼ完了したそうで、日本語での紹介はこれで一段落になるとのこと。『代表作』ということは、まだ未訳のものが残っているということだよねぇ……あと1冊ぐらい何とかならないだろうか……。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1887年、オーストリア=ハンガリー帝国領ガリツィア・ロドメリア王国のカミョンカ・ストルミウォーヴァに生まれる。ルヴフ大学でポーランド文学と古典文献学を学び、在学中に作家デビューするが、卒業後は教職に就く。1918年に短編集『薔薇の丘』、1919年に連作短編集『動きの悪魔』を発表し注目を浴びる。短篇を本領とし、『狂気の巡礼』『不気味な物語』『火の書』『情熱』といった短編集を次々と出版した。ポーランド文学史上ほぼ唯一の恐怖小説ジャンルの古典的作家。1936年に死去。近年、国内外で再評価が進み、〈ポーランドのポー〉〈ポーランドのラヴクラフト〉として知られる。

「2018年 『不気味な物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ステファン・グラビンスキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レティシア コロ...
テッド・チャン
ジョージ・ソーン...
フランシス・ハー...
キャンデス・フレ...
皆川 博子
皆川 博子
エイモア トール...
スティーヴン・ミ...
コルソン ホワイ...
ヴィクトール・E...
サマンタシュウェ...
カズオ・イシグロ
フランシス・ハー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×