89番めのネコ

制作 : 大社 玲子  Eleanor Nilsson  常陸宮妃 華子 
  • 国土社
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337062306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 常陸宮妃 華子様による日本語訳で、大変読みやすかった。
    退職後のベリーさんという女性が、つい拾った仔猫から始まり、
    どんどん捨て猫を見捨てられなくなっていく。
    その部分がとても良く理解出来るだけに、すいすい読み進めた。
    猫好きさんならきっと納得いくだろう。
    家猫はこんなに愛されているのに、外には身も心も飢えた猫たちが鳴いている。
    見捨てることはなかなか出来ないのだ。
    あっさり捨てるひとは、読んでも決して理解出来ない作品(笑)。

    とうとう89匹になったとき、近所から苦情が来て、市役所まで介入してくる。
    困り果てたベリーさんのとった行動は・・。

    近所に住むサンディという女の子の目を通して描く、捨て猫たちとの奮戦記である。
    みんな幸せになると期待して読んだが、期待が裏切られなくて良かった。
    里親さんたちに60匹を引き取ってもらったけど、またすぐ増えそうでもある。
    そんな楽しいラストまで、あっと言う間に読み終える。
    日本では考えられない展開だけに、そこが羨ましくもあるな。

  • 58点。人畜無害。猫好きな人にはいいかも。「ピーターサンドさんのねこ」っぽい話。
    だけどそれ以上のなにかは皆無。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする