電話がなっている (ニューファンタジー 3)

著者 : 川島誠
  • 国土社 (1985年6月5日発売)
3.18
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337139039

電話がなっている (ニューファンタジー 3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全5編の短編集。

    「幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃」
    「田舎生活」
    「ぼく、歯医者になんかならないよ」
    「電話がなっている」
    「悲しみの池、喜びの波」

  • 悩んでいる小中学生(受験生が多い)を主人公にした短篇集。
    暗いトーンの寓話。
    悩んでいる中学生(悩まない中学生なんているのか?)が読めば共感できるかもしれないが、引いてしまう子の方が多いかもしれない。
    表題作である「電話がなっている」のラストは衝撃的。ただし唐突。

  • しばらく前に読了。川島さんをいくつか読もうと思って借りたもの。
    短篇集。煮え切らない感じの終わり方にけっこう色があって、これが川島さんの基本色なのかなと思う。切迫感と、不安と、恐れ。抗いと、どこまでいってもつきまとう敗北感。負の肌触りが、からだの奥に静かに溜る。いやぁな感じを呼び覚ますけれど、それを切って捨ててしまうと、一緒に何かを見失ってしまう気がする。
    前に読んだ「ゲキトツ!」は、ちょっと手抜きな感があって拍子抜けしたのだけど、これはけっこう、好き。

  • 電話がなっている

  • 人生で

    もっとも衝撃を受けた作品。

  • あたらしい
    怖いけど
    リアル

全6件中 1 - 6件を表示

川島誠の作品

電話がなっている (ニューファンタジー 3)に関連する談話室の質問

電話がなっている (ニューファンタジー 3)はこんな本です

ツイートする