あの戦争のなかにぼくもいた (ベスト・セレクション)

著者 : 石浜みかる
  • 国土社 (1992年6月1日発売)
3.80
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337208018

あの戦争のなかにぼくもいた (ベスト・セレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フォトリーディング&高速リーディング。
    積ん読になっていた者を年末の読書量調節のために慌てて読了。

  • クリスチャンの父が治安維持法により広島刑務所に入れられることになり、母と兄弟2人は、母の実家へと疎開を余儀なくされました。

    日本は勝つと信じて疑わない人。
    一億層玉砕を説く大人。
    「ヤソ」とキリスト教を差別弾圧する地域の人。
    頑張れと励ましてくれる大人。

    戦争という極限状態において、何を自分の信念とするか。主人公の小学生目線で、戦争の不思議さや、人の不思議さ、怒りや悲しさや憤りが語られます。読みやすく、考えさせられる本でした。
    母とおばあちゃんがかっこいいです。

全2件中 1 - 2件を表示

石浜みかるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あの戦争のなかにぼくもいた (ベスト・セレクション)に関連するまとめ

あの戦争のなかにぼくもいた (ベスト・セレクション)はこんな本です

ツイートする