東出雲発!学校図書館改革の軌跡―身近な図書館から図書館活用教育へ

  • 国土社
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784337450462

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・「子ども」が主語であるかどうか、を大切にする
    ・「公共図書館」から学校は動かせない
    ・行政は予算も含めて「数字」から先に考える
    ・社会教育と学校教育では支援の仕方が違う
    自分の日常業務と照らし合わせて、
    実感を伴って腑に落ちてくることがたくさん。

    一般論としてでなく、市として、どういう子ども=市民を育てたいか。
    それが「読書活動日本一」なんて言葉とどう関係があるのか。

    無責任だねえ。

  • 旧東出雲町の3つの小学校と1つの中学校の、図書館活用教育が
    軌道に乗るまでの軌跡。

    やる気のある優秀なスタッフがいたこと、行政の理解があったこと、
    国の施策に後押しされたことで、そんなに長い期間をかけずに、
    システムが構築されました。

    この教育が島根の子だけじゃなく、日本中の子どもに施されたらいいですね。

  • やっぱり聴きに行きたいよ……

全4件中 1 - 4件を表示

高鷲忠美の作品

ツイートする