しゅっぱつ しんこう! (のりものえほん (10))

著者 :
  • 小峰書店
3.87
  • (12)
  • (16)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 188
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338006101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小児科の待合室にて

    電車の運転士の体験をする
    よくあるといえばよくあるお話
    電車のブレーキハンドルが取れるとは知らなかったので
    そんな大事なものを託されたんだと思うと
    わくわく感が伝わってきた
    いつもの柿本さんのかわいらしい絵とは少し違い
    初めてハンドルを握る時の
    リアルな真剣な顔
    柿本さんってリアルに描いていても
    かわいらしくデフォルメできているのが不思議

  • 電車が大好きな娘と息子が気に入って、もう何度も何度も読んでいる。
    少し長めだけど1歳8ヶ月の息子も最後まで楽しそうに見ています。
    3歳2ヶ月の娘はもうほとんど暗記していて、私がこっそり文章を飛ばして読んだら「お母さん、〇〇読んでないよ!」と指摘されます。
    古い本だけど、やさしいタッチの絵柄もかわいくて古さを感じさせません。

    電車を止めておしっこをするシーン。
    これはおねしょ確定だなと思いながら読んでる大人は多いはず!

  • 電車好きの息子の為に始め図書館で借りた本ですが、かなり気に入ってくれたので古本で購入しました。
    もともと、挿絵の柿本幸造さんの絵が好きで、この方が書いた絵本はいろいろと探して読んであげています。こちらの絵本の絵も優しい感じがして、読後感はほのぼのとします。
    電車好きの男の子が、電車の運転手になって動物たちを乗せて走るという夢(大人目線だとそうだけど、子ども目線だと本当にあった出来事かもしれませんね )を見た、というストーリーですが、息子もこんな夢をみながら寝ているのかしら、なんて想像してしまいます。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 年中の我が子にとっては長めのお話。だが、大好きな電車の話なので最後まで聞いてくれた。

  • 電車の運転士になって動物をのせる。
    おもちゃの電車からの夢の世界。
    C8765
    蔵書

  • 長めのお話なので年長児向き。
    電車が好きなら読み続けられる。

  • 図書館で借りて読み。
    幼稚園に入る前にも読んだことがあるんだけど、その時はピンときてなかったようで。

    今回年中さんで読んでみたらそこそこ楽しめた模様。

  • 3歳0ヵ月

  • 特に電車に興味があるわけでもない娘だけれど、自分で選んだ本。
    可愛くて夢のある話。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1939年東京都に生まれる。早稲田大学文学部卒業。主な作品に「キャベたまたんてい」シリーズ、「きつねのクリーニングや」シリーズ(いずれも金の星社)「キツネのかぎや」シリーズ、「へんてこ宝さがし」シリーズ(いずれもあかね書房)、「風の陰陽師」シリーズ、「三国志」シリーズ(ポプラ社)などがある。

「2020年 『キャベたまたんてい こふん時代へタイムスリップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田村信行の作品

ツイートする