風の神とオキクルミ (アイヌの民話)

著者 :
  • 小峰書店
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338010177

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイヌ民話

    オキクルミ
    ピカタカムイ
    といったら私の中では大神イメージしちゃう

  • 寄贈本
    状態:貸出可
    ※利用対象者:本学の教職員と学生に限ります。

  • その日本語版。。。

    小峰書店のPR
    「ピカタカムイは、神の国の風の女神。思いのままに空を飛び、風をおこします。ある日、いたずら心で、アイヌの村に風をおこすと……。
    よい絵本/第21回課題図書 」

  • 小さい時に好きだった1冊。アイヌ民話の絵本なんですが、描かれているアイヌの衣装が好きだった♪お話の内容は風の神・ピカタカムイという女の神様が、村里を嵐で吹き飛ばしてしまいます。でも何度やっても村は再生され苛々して何度も吹き飛ばすのですが、だんだん弱体化していく中で1軒だけキレイなままで残っている若者の家に気が付いたピカタカムイ。意地悪なのでその1軒を吹き飛ばそうとあれこれやるんですが、何度やっても微動だにせず、やがて疲れて自宅へ戻るピカタカムイ。ある日、一人の若者が訪ねてきました。若者の正体と対峙したピカタカムイの運命は如何に?なんて。

  • 風のかみが村の人を風でふっとばしたところがこわかった。

  • アイヌの人は、自然の中に神が宿っていると信じて、自然を大事に
    しながら生活をしている。この話では、風の女神ピカタカムイが
    人間の村に対して風をおこすことのいたずらを思いつき、村を風で
    吹き飛ばしてしまう。
    その行為に対してオキクルミは、何も悪いことをしていない村人を
    死においやったとして、罰を与えて諭す。

    神といってもやってはいけないことをしたことに対しては罪に問う
    というところがアイヌ民話として読んでみる価値があると思う。

  • 力強い絵と、骨のあるアイヌ民話との融合で、大人も楽しめます。北海道の原野で吹く強い風に思いを馳せながら読んでください。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1926─2006年。北海道生まれ。アイヌ文化研究者。学術博士。長年アイヌの民具や伝承を精力的に収集・記録し、1972年には二風谷アイヌ文化資料館を開設、館長を務める。1994年、アイヌ出身者としてはじめて国会議員となり、北海道旧土人保護法撤廃・アイヌ文化振興法制定などに尽力。主な著書に、『ウエペケレ集大成』(アルドオ、菊池寛賞)、『萱野茂のアイヌ神話集成』(ビクターエンタテインメント、毎日出版文化賞)、『萱野茂のアイヌ語辞典』(三省堂)がある。

「2017年 『アイヌ歳時記 二風谷のくらしと心』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風の神とオキクルミ (アイヌの民話)のその他の作品

萱野茂の作品

風の神とオキクルミ (アイヌの民話)に関連するまとめ

ツイートする