うさぎのくれたバレエシューズ (よみきかせ大型絵本)

著者 :
  • 小峰書店
3.88
  • (39)
  • (22)
  • (49)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 198
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784338010269

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バレエを習っていた娘が何度も何度も読んでいました。
    好きなのに、あるいは 頑張っているのにうまくいかない事って、ありますよね。
    それを乗り越えて行く時、自分の努力もさることながら、誰かがきっかけをくれていたり、支えてくれていたり・・・。
    あなたにとっての「バレエシューズ」は何でしょう。
    どうかそれが、さくら色に染まりますように・・・。

  • 安房直子がやっぱり好きだなぁ、と感じた。
    ピンク色の本は春らしい!桜・うさぎ・バレエっていう女の子が好きそうなアイテムが出てくるから、小さな時にこの絵本に出会っていたら、どう感じたのかなぁと妙に気になります。

  • 志村ふくみさんの桜染めの話を知った時、真っ先に思い浮かんだのがここに出てきた薄紅色だった。
    温かくて淡いのに深い、まさに幻想的な色に飾られたおはなし。

  • 何度でも読みたくなる。

  • この絵本のピンク色と薄紫色は、一生忘れられない色っていっても過言ではないかも。
    美しくて、優しくて、ほんのりした色、お話はもちろんその色彩に今でも魅せられます。

    当時小学生か幼稚園年長さんくらいだったと思うんだけど、
    バレエシューズ買ってほしくてしょうがなかったなぁ…(笑)

  • とにかく絵が鮮やかで美しくて、幼心に憧れてました。

  • チビ1号、学校の図書館にて

  • 初めて読んでもらった絵本。

    だった気がする。

  • 小学一年生の時に出逢った一冊。
    銅販画の繊細な絵と夢のある文章のコラボレーションは
    おてんばで木登りばかりしていた私にロマンチックな夢を与えてくれました。
    高校に入ってやっと書店で見つけ、購入。
    私の宝物です。

  • 色がほんとにかわいい

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安房 直子(あわ なおこ)
1943年1月5日 - 1993年2月25日
東京生まれの児童文学作家。、本名:峰岸直子(みねぎし なおこ)。
日本女子大国文科卒業。大学在学中より山室静氏に師事する。作品に『まほうをかけられた舌』『花のにおう町』絵本『青い花』(いずれも岩崎書店)、『白いおうむの森』(筑摩書房)『やさしいたんぽぽ』(小峰書店)などがある。『さんしょっ子』で日本児童文学者協会新人賞を、『風と木の歌』(実業之日本社)で小学館文学賞を、『遠い野ばらの村』(筑摩書房)で野間児童文芸賞を、『風のローラースケート』(筑摩書房)で新美南吉児童文学賞を受賞する。ほか、『きつねの窓』が教科書採用されており、よく知られている。
1993年、肺炎により逝去。

安房直子の作品

ツイートする
×