お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて―集団疎開の絵本 (日本のえほん (32))

著者 :
  • 小峰書店
4.14
  • (4)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338016322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 集団疎開の絵本。幼い子が親元離れ意気揚々と勇ましく田舎に疎開していくが
    食べ物がなくなり、えのぐや土まで食べる。暴力いじめがはびこり、泣けば先生からビンタを受ける。
    お母ちゃんに甘えたい年頃の子どもの気持ちが切なすぎて残酷である。

  • 戦争の事は、子供にも伝えたほうがいい

  • ≪県立図書館≫
    ぼろぼろ泣けた。
    切なくて、悲しい。
    平和がいい。
    戦争は、駄目だ。

    絵もマッチしている。

  • ★★★★★
    お国のために、大好きなお母さんやおねえちゃんと別れて、疎開したボクを待っていたのは・・・
    疎開の生活を描いた絵本です。大阪からの疎開です。
    (まっきー)

全5件中 1 - 5件を表示

奥田継夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
ポール・フライシ...
モーリス・センダ...
アイリーン ブラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて―集団疎開の絵本 (日本のえほん (32))はこんな本です

ツイートする