まさかりどんがさあたいへん

著者 :
  • 小峰書店
4.00
  • (9)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338081245

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやあ、途中からの飛躍が凄い。
    まさかりどんどころではない。
    さすが絵本、たしかにたいへんだ。
    道具が、喜んで楽しんでものをつくる。
    この描写でものを作る主体は、道具だってよくわかる。
    そして、ものづくりにも、色々なものがあることもわかる。

  • リズム感よく。
    まさかりどんが木を切ったら、
    次から出てくる出てくる!
    わくわく!おどろき!
    こりゃあたまらん。

  • まさかりどんが大きな木を切り倒す
    よき、ちょうなん、おおなた、なた、のみ、きり、とんかち、かなづち
    おおのこ、ちゅうのこ、しょうのこ、かんな、ちょうこく刀、まるのみ、かくのみ、やまがたのみ、ほこのこ、いとのこ、はけ
    大口バサミ、はり、いと、型紙、ボタン、まちばり、指ぬき
    ペンチ、ドライバー、ニッパー、やっとこ、プライス、かねのこ、ドリル
    レンチ、スパナーたちが
    いす、ピアノ、ドレス、ロボットを作る。
    ロボットがピアノを演奏して、道具たちも盛り上がる。

    いろいろな道具が出てきててんやわんや。
    ロボットを作るのにはびっくり。

  • 4歳。まさに加古ワールド。
    一度読み聞かせの練習をしてからあたるべきです。
    加古さんの絵本の中で息子が一番好きな一冊。

  • それはたいへん。
    すべては“まさかりどん”のせい(なのか?)。

    軽快なリズムと相変わらずの可愛い絵が本当に楽しい。
    「道具には魂が宿っている」を地で行く愉快な話。
    ちょっと違うか(笑)。

    これからはもっと道具を大切にしよう。

  • 幼い頃、この本が大好きでした。まさかりどんが切り倒してから、色々な道具が出てきては「さあたいへん」。一つの物を作る大変さ、楽しさがこの本1冊から学べます。

  • リズミカルなニホンゴにノって楽しくモノづくり♪

  • モノづくりの醍醐味が味わえる絵本。まさかりどんをはじめ、ありとあらゆる大工道具がやってきて作りあげたのは―椅子とピアノ。次に裁縫道具がよってたかって作ったのは―ドレス。最後に電子部品の数々が作りあげたものは―ロボット。全部の道具がお疲れさま〜のコンサート。かこさとしワールドが炸裂。


  • 大工道具やら、洋裁道具や工具などなどが、ものすごくたくさんでてきて最後どうなるのか楽しみに最後まで一気に行ってしまう絵本ですね。
    道具の種類の多さもビックリですが、歯切れの良い文章が楽しい気持ちにさせてくれます。

    そんな絵本をグータラ父さんはというと、【オリエンタルラジオ】さんの武勇伝♪みたいなラップ調で読み上げてみたところ・・・

    上のおねえちゃんは、大受け!(あっちゃんかっこいー!)

    大好きな絵本になりました。

全10件中 1 - 10件を表示

かこさとしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
ヨシタケシンスケ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
くすのき しげの...
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする