やっぱりしろくま (新しいこどもの文学)

著者 :
制作 : 高畠 純 
  • 小峰書店
3.90
  • (6)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338089296

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みにぴ 2011.04.23

  •  みんなには、しろくまの着ぐるみを着た人間と思われているけれど、本当は本当にしろくまのマルクとカール兄弟。
     人間すぎるほど人間らしいし、もしかしたら人間より賢いかもしれないよね、2人。
     2人の性格の違いもおもしろかった。

  • 人間のふりをするしろくま兄弟の様子が楽しいです。

  • 笑った。設定が面白すぎる。カナダのとある街の運送会社で働くしろくまの兄弟。
    一見ファンタジー?って思ったのですが、パスポートが取れないって落胆する様がリアルで笑った。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他「ペンギンたんけんたい」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、/講談社、「白狐魔記」シリーズ/偕成社、「西遊記」シリーズ/理論社 「ナツカのおばけ事件簿」シリーズ/あかね書房、など著書多数。

「2018年 『古事記─日本のはじまり─』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

ツイートする