ちいさくなったパパ (世界の絵本コレクション)

制作 : はた こうしろう  Ulf Stark  菱木 晃子 
  • 小峰書店
3.74
  • (10)
  • (4)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338126113

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館】そうかそうか、パパが小さくなったことは息子も知らない設定なのか。『パパが小さくなり、息子と〝子供〟を楽しむ』という絵本なのか!最後は・・・。

  • 一日だけパパが子どもになってしまい自分の息子と正体を隠して遊びます。
    自分の子どもよりききわけの悪いパパの子どもぶりがコミカルです。

  • 子どもが「お父ちゃんが小さかったら、もっといっぱい遊べるのに!」と言うのを聞いて、そういえばそんな本があったな~と、図書館で借りてきました。読み聞かせたところ、4歳児はとっても喜んでましたが、漢字にかなが振ってないところといい、エンディングといい、大人向けの本ですね。オチの部分、「どういう意味?」と聞かれなくてよかった……。

  • パパと旦那さん、両方やっているところがいい、絵もかわいい!

  • 子供になったパパとその息子の一日。
    子供用にと思ったけれど、最後に・・・えっ?
    大人向けかな。

  • 一日だけ、息子のトーマスと同じくらいの子どもになったパパ。絵がすこしコミカル。

  • 子どもに読み聞かせて、でも実は大人の方が楽しめる本かと思います。特に奥さん。

  • 子どもになったダメダメなパパが可愛い。
    と思ってたら大人のときでもダメダメだったっぽい。
    息子トーマスの方が、しっかりしてる!

  • 大人向きの絵本かな
    「どうしておとなは、遊べないの?」そんな質問をされたパパは、流れ星に願いを託します

  • 流れ星に願いをかけて子どもになったパパと、その息子のお話。

全12件中 1 - 10件を表示

ウルフ・スタルクの作品

ツイートする