盗まれたあした (ミステリー・BOOKS)

制作 : 東 逸子 
  • 小峰書店 (2002年6月1日発売)
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 17人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338162067

盗まれたあした (ミステリー・BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 裕太は夢をみた。自分と同じ小6の少年たちが走っている。親友の啓輔もいる。しかし、にわかにみんな慌てる。知った顔が別人の顔になり、何かから逃げる。そんな夢。
    裕太は留守番していた。玄関のチャイムがなり、見ると誰もいない。けれど、誰もいないはずの部屋から物音がして、自分とそっくりな少年がそこにいた。恐怖で外に出ると、母が帰ってきたところ。しかし、どんなに説明しても、自宅のそっくり少年が本物で、自分は偽物だという。気がつかない家に、裕太の顔は別人に変わっていた。
    困り果てた裕太は親友の啓輔の所に行く。啓輔も同じような状況で家に帰られずにいた。2人で学校へ行くと、学校にはさらに何人かの小6の少年たちが、自分とそっくり少年に家を追い出されていた。
    クラスのちがう10人の少年の共通点は?学校を拠点になんとかしようとするけど、10人それぞれバラバラになって、異世界へと迷い込んでしまう。ここと、似ていて、全く違う世界。困難を乗り越えて帰ってきた彼らには、ちょっとした予知能力が備わっていた。


    6年秋ころから卒業くらいの設定。時間を大切に生きよう、ってむすびはちょっとそぐわない気がする。でも、面白いSF小説。

全1件中 1 - 1件を表示

たからしげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盗まれたあした (ミステリー・BOOKS)はこんな本です

ツイートする