恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち)

  • 小峰書店 (2006年7月1日発売)
4.13
  • (9)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338173094

恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3歳7ヶ月男児。
    宿敵(だったはず)のダスの息子と仲良しになるリトルホーン。
    ワニさんみたいな海の恐竜に襲われるて、勇敢に闘うリトルホーンの姿に、大興奮。最近、お兄ちゃんになったアピールがすごいが、強くなってきた、リトルホーンに勇気をもらったのかも。

  • [墨田区図書館]

  • トリケラトプスの子どもが、いろいろな恐竜に出会いながら冒険していくお話。絵も親しみがあり、シリーズものだから、どんどん読みたくなりますよ。

  • シリーズの中でも、恐い敵ダスプレトサウルスの息子プレトが登場し、リトルホーンとの交流を描いています。
    プレトが弱いため、リトルホーンと一緒に魚捕りに挑戦しにいきますが、そこはスコミムスのなわばりで、おこったスコミムスが…。

    と、ドキドキしながらも、最後は無事に終わります。

    シリーズの中でも血なまぐさくなく、ほのぼのとした雰囲気をもったお話だと思います。

  • いろんな恐竜がいきていたんだなあと感慨深い本。話も面白い。

  • 2186
    キーワード
    恐竜、トリケラトプス

  • 図書館に行くと次男は必ずこのシリーズの絵本を1冊は借りて帰ります。

    恐ろしい肉食恐竜のダスに息子がいた!!
    息子のプレトはただいま狩りの練習中。
    普段は敵同士の草食恐竜の息子リトルホーンが、プレトの狩りを手伝います。

    本当ではありえない恐竜同士の“友情”話に息子は惹き付けられているようです。

  • 【恐竜トリケラトプス】シリーズ。宿敵ダスプレとサウルスの子どもが初登場する。ダスの息子とリトルホーンとの交流を描く。子どもは大好きだが、大人目線では弱肉強食に逆らっている内容に、少々違和感を感じる。

全8件中 1 - 8件を表示

黒川みつひろの作品

恐竜トリケラトプスとひみつの湖―水生恐竜とたたかう巻 (たたかう恐竜たち)はこんな本です

ツイートする