描かれた家族 (名画のなかの世界)

著者 :
制作 : ウエンディリチャードソン  ジャックリチャードソン 
  • 小峰書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338205061

作品紹介・あらすじ

これは、家族とすごす人々を描いた絵をあつめた本です。昔描かれたものから、最近描かれたものまで、世界中からあつめました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

森泉文美(Moriizumi Ayami)
1963年東京都生まれ。1974年までニューヨークに育つ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。東京大学教養学部比較文化比較文学修士課程修了。1988年にイタリア政府給費留学生として渡伊。ボローニャ大学文哲学部歴史学科卒業。2002年から2009年ローマ大学東洋学部日本語日本文学学科非常勤。1989年よりイタリア・ボローニャ国際絵本原画展のコーディネーターを務める。ドキュメンタリー映像も制作。1997年の「レオ・レオーニ展」でレオーニ氏という知己を得、写真の腕を絶賛される。そのほか、日本のブルーノ・ムナーリ展、イエラ・マリ展などのコーディネート。2009年には日本未来派の詩と音楽のコンサートを企画、ローマ日本文化会館で開催。2017年イタリアの出版社エルセ『Memory Yōkai(妖怪メモリーカード)』編集。児童の語学教育や日本文化普及のワークショップを実施。

「2020年 『だれも知らないレオ・レオーニ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森泉文美の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×