ツン子ちゃん、おとぎの国へ行く (おはなしメリーゴーラウンド)

著者 :
  • 小峰書店
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338222105

作品紹介・あらすじ

おとぎの国って、どんな所? そこは、だれでも行ったことがある所。でも、みんな行ったことをおぼえていない。とても楽しくって、とってもこわくって、なんだかなつかしいような気分になる所。いっしょに行こうか!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不思議の国みたいなお話でした。
    ツン子ちゃんとアキラくんのやりとりが微笑ましくて可愛かった。

  • 現代のおとぎばなし。
    さりげなく、馴染みあるおとぎの国の住人たちが登場。

    語られていない物語が、まだまだありそう。何度も読み返して、物語を想像したい。

  • 月輝子は正直すぎて、自分が正しいと思ったことを何でも言ってしまうので、友だちがいません。
    アキラくんは、そんな月輝子にツン子というあだ名をつけてからかいます。
    お母さんは、「生まれる前に悪い魔女に大切なものを盗まれたのね」、とツン子に言いました。
    あたしはいったい何を盗まれたの?

    満月の夜、眠りからさめたツン子は、窓の外に月に照らし出された道を見つけました。
    夢の中だから平気だと思ったツン子は、パジャマのまま部屋を抜け出して、その道をたどって行きました。
    その先に見えたのは、お菓子の家でした。

    お菓子の家には、こわいおばあさんがいるんじゃないかしら?
    そしてツン子から大切なものをぬすんだ魔女かもしれません。

  • 佐竹さんの絵なのでよい話のような気がしてしまう。。アキラ君やコオニとの関係の誰でも心当たりがある感じが良かった。「自分をさがす」「たいせつなもの」というような言葉は小学校中学年にはどう響くのか…。そのあたりについて終盤解説っぽい文章なのが気になった。

  • ツン子ちゃん何しとん?

    小峰書店のPR
    「ツン子ちゃんは、月の輝く子って書いて、つきこって読むのがほんとの名前。とっても大事なもの、自分にとってかけがえのないものを、だれかにとられちゃったような気がして、ふしぎな国へさそわれるように、さがしにいきます。へんてこなおばあさんや、かっこいいおにいさんや、コオニや、なんと女王様にまであって、さがしつづけます。そのうち、ほんとうの自分にもあいたくなるのですが……見つけることができたでしょうか? 」

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

松本 祐子
早稲田大学第一文学部英文科卒業、日本女子大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程満期退学。聖学院大学・児童学科教授。児童文学作家。
1992年、ティーンズ向けの小説『虹色のリデル』(早川書房)を上梓。以後、ティーンズ向けのレーベルで作品を発表するが、児童文学に路線変更し、2002年刊『リューンノールの庭』(小峰書店)で、第1回日本児童文学者協会・長編児童文学新人賞、第19回うつのみやこども賞を受賞。

「2016年 『魔女は真昼に夢を織る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本祐子の作品

ツイートする
×