カラスネコチャック (おはなしメリーゴーラウンド)

著者 : 野田道子
制作 : オオノ ヨシヒロ 
  • 小峰書店 (2014年5月13日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 14人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338222129

作品紹介

頭の先からしっぽの先まで真っ黒なカラスネコのチャック。やさしいユキヒメかあさんやきょうだいとの別れ、ネコマタのひいひいじいさんブラックブラックとの出会い。さまざまなひととの出会いが子ネコのチャックを成長させていく。

カラスネコチャック (おはなしメリーゴーラウンド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルの猫が主人公。落ちこぼれが一人前になるまでの紆余曲折を描いた成長物語かなぁ。事もうまく運ぶし、結構ありきたりな感じかもしれない。でも、自分の力でなんとかしなければいけない、生きていかなければいけない、と言うチャックの姿勢がぶれずにあって、そういう所は良いなぁとも思いました。

  • ホコリっていうのはね、自分を好きになって、自分をたいせつにして、いっしょうけんめい生きていくことだよ。わかったかい? p15

  • かめの森幼稚園の園庭の土管の中で、のらねこの子どもが5匹生まれました。
    しばらくしてお母さんネコがいなくなってしまい、子ねこたちは幼稚園の子供たちにもらわれていきましたが、一番下のまっ黒な子ねこチャックだけが残ってしまいました。

    ひとりぼっちでがんばるチャックだけれど、鳴き声が気味悪いと、周りの人間に嫌われてしまいました。
    チャックはお母さんが言っていたことを思い出しました。
    「五月山にクロベエという名のひいひいおじいちゃんがいるから、困ったら訪ねて行きなさい」

    カラスのカンザブロウに聞いた話だと、五月山にいる黒猫は、ブラック・ブラックというバケネコしかいないようです。
    コウモリのキチジロウの話だと、クロベエという猫は、大昔は尊敬されていたけれど、今は有名な悪者のバケネコだと言います。

    チャックは本当かどうか確かめようと、五月山に向かいました。

全4件中 1 - 4件を表示

野田道子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
なかの ひろたか
エリック カール
有効な右矢印 無効な右矢印

カラスネコチャック (おはなしメリーゴーラウンド)はこんな本です

ツイートする